カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ポークソテー

ポークソテー
トマトとたまねぎのオイルマスタードソース添え


 

【材料2人分】】

豚肉ロース・・・・・・・2枚

紫玉ねぎ・・・・・・・・1/2個(細かく刻んで水にさらしておく)

トマト(大)・・・・・・・・1/2個(細かく刻んでおく)

パセリ・・・・・・・・・・・お好み量(細かく刻んでおく)

オリーブオイル・・・・大さじ3

粒マスタード・・・・・・小さじ1/2


【作り方】

1.あらかじめ刻んでおいた、たまねぎ、トマトを粒マスタードとオリーブオイルを加え混ぜます。

2.フライパンにオリーブオイルを熱し豚肉をおいて、軽く塩コショウを加え、両面焼き色がつくまでソテーします。

3.お皿に盛るときに お肉の上に付け合せのソースを温かいうちにタップリのせると、味がしみ込み美味しくなります。

4.ベビーリーフやソテーしたジャガイモを添えるとさらにお皿にボリューム感がでます。

5.最後にアズポンティス社のヴィエイルをスプーンで線を描くように全体に掛け回します。



付け合せのソースはどんなオリーブオイルとも相性がいいので、沢山作っておいて、オレンジフレーバーオイルあるいはチリオイルを合わせてもまた違った味わいになるので楽しめます。
お肉でなくても、お魚のソテーでも相性がいいので、繰り替えし作っても飽きがこないメニューなのでおすすめです。


おもてなしアンチエイジングの料理サロン

A-neo Spoon Ayako Shibuya

冬瓜

冬瓜の冷製 ガーリックシュリンプ添え


 

【材料】

・冬瓜           適量

・エビ    小さめのもの、適量

・にんにく         1かけ

・オリーブオイル      炒め用、あしらい用、各大1

・飾り用ハーブ       少々

・コンソメ         固形ならひとつ、顆粒なら大さじ1。

              淡色の野菜やチキンコンソメ、鶏ガラスープの素でもよい。


1.冬瓜は小さくしたり薄くすると煮崩れやすいため、普通より大きめの一口大になるように切る。煮る時は皮がついたままで煮る。

2.冬瓜がひたひたになるくらいの水を鍋に入れ、コンソメを投入。煮立ったら冬瓜を入れる。弱火で色がすきとおるくらいまで煮る。10分くらいを目安にやわらかさを見ながら、煮崩れないようにする。

3.よく熱したフライパンにオリーブオイル大1ひき、みじん切りにしたにんにくを焦がさないように炒めて、香りがたったら、小さく切ったエビを入れて、よく炒める。エビから出る塩分と調整しながら、塩、こしょうで味を調える。

4.コンソメで煮た冬瓜は粗熱をとってから、冷蔵庫で冷やす。

5.3を4の上からかけて、お好みのハーブなどであしらい、最後にエキストラバージンオイルをたっぷりかけていただく。



冬瓜は低カロリーな食材ですから、ダイエットにも向いています。ビタミンCが豊富で利尿作用もあるので、むくみがちなこの季節にとるおすすめ野菜。
さっぱりしたくちあたりの野菜ですから、オリーブオイルの風味をひきたたせ、食欲のないときにも美味しくいただける一品です。


おもてなしアンチエイジングの料理サロン

A-neo Spoon Ayako Shibuya

冷奴

冷奴 和風ジュレとオリーブオイルがけ

材料

1.冷奴用とうふ

2.オクラ       2〜3本

3.みょうが      1本

4.だしジュレ     150ccの水に市販のめんつゆ、またはポン酢3/4カップ

粉ゼラチン 5g

☆ジュレの作り方

・大さじ2の熱湯に粉ゼラチンをとかしておきあたためただし汁と手早く合わせる。

・粗熱がとれてから冷蔵庫で固める。

5. 冷奴は十分に水切りをし、刻んだ薬味をちらし、さいの目に切るか、フォークで

くずしたジュレをかける。最後にオリーブオイルをたっぷりかける。



言わずとも知れた夏に美味しい冷奴ですが、ほんの少しの手間をかけることで見た目も

涼やかでおしゃれに。いつもの冷奴とは違う、おもてなしの一品になります。

ジュレを作る際、だしやコンソメをジュレにすると味が薄く感じるので、固める前のだしの濃さは、お好みの濃さで調節し、その際、ふだん口にする濃さよりも若干、濃い目にするとジュレになったときにちょうどよくなります。

固まったジュレをさいの目に切ったり、フォークで崩すなど、ジュレのあしらい方で見た目も変わりますから楽しんでみてくださいね。最後にオリーブオイルをたっぷりかけて。

お豆腐は身近な和食にもオリーブオイルがベストマッチすることがよくわかる食材です。




おもてなしアンチエイジングの料理サロン
A-neo Spoon Ayako Shibuya

簡単レシピご紹介

   尾山台「いけ田」割烹料理


東京都世田谷区尾山台3丁目22−13 明治尾山台ビル 2F

TEL:03-5707-1001

※2016年11月8日に閉店され、京都へ移転されます。

     

コンタルディの生産地はイタリアマルケ州アドリア海に近いので、海の幸にもとても相性がいいオイルです。

お店でもメニューとして御出ししてますが、ご家庭でも簡単にできますので、是非皆さんもお試しください。

━━ 桜海老と菜の花のオリーブオイルかけ ━━


     〆海老とえのき茸を出汁6と醤油1の割合の汁で30秒ほど湯がき軽く搾って冷まします。

     ∈擇硫屬蝋鼎瓩吠騰したお湯に少し塩を入れ、サッと茹でて軽く搾り冷まします。

     ,鉢△鮑ぜ合わせ盛り付け、コンタルディをお好み量かけ 出来上がり!!


━━白味噌オリーブドレッシング━━

   白味噌オリーブドレッシング
   【材料】(2人分)
・エクストラバージンオリーブオイル・・・・30ml
 (コンタルディ使用してます)                      
白みそ・・・・・・・・・8g     
・薄口醤油・・・・・・・・・2cc
・白ごまペースト・・・・・・2cc
・日本酒・・・・・・・・・・2cc
・濃口醤油・・・・・・5cc
・砂糖・・・・・・・・・・2g  
・酢・・・・少々
          【作り方】
1.栗はあらかじめゆでて皮むきをする

2.シメジ・マイタケは素焼きする

3.にんじんは型ぬきしたものを1.2分軽くゆでる 

4.全体に味がなじむように、全ての材料をドレッシングであえる

5.レタスを敷き、水菜、他の材料で 彩りよく盛り付け出来上がり

上質なオリーブオイルだからこそ最後に口の中に

オリーブの香りが広がり秋の味覚がさらに美味しく楽しめます。

お店でもとても人気のあるメニューだそうです。

栗の美味しい季節に是非お試しください。


━━ 温野菜のオリーブドレッシング━━

春のおいしいかぶを使ったレシピをご紹介頂きました。


〜ドレッシング〜

コンタルディ(エクストラバージンオリーブオイル)
白味噌、白ゴマペースト、砂糖、薄口醤油、酒、レモン汁を
お好み量混ぜ合わせる
〜材料〜
             レタス               
ミニトマト
カブ(軽く茹でる)
かぼちゃ(薄切り、軽くゆでる)
ブロッコリー(軽く茹でる)
にんじん(短冊切り、軽く茹でる)
アーモンド薄切り
ルッコラの花(装飾用)

写真では上記の素材を使いましたがご家庭にある素材でも美味しくできるそうなので、是非お試しください。


━ ホタテと海ぶどうのサラダ風オリーブドレッシング━

〜オリーブドレッシング〜

【材料】(2人分)
             ・エクストラバージンオリーブオイル・・・・大さじ3
・日本酒・・・・・小さじ1
・米酢・・・・・・・大さじ1
・薄口醤油・・・小さじ1
  ・濃口醤油・・・小さじ半分
・砂糖・・・・・・・小さじ1
・レモン果汁・・小さじ1
 ・塩. 胡椒・・・・お好みで
【作り方】
レモンまでの材料を全体が混ざり合うように混ぜる。
お好みで塩・胡椒で味を整えれば完成。
ほのかな酸味とオリーブオイルのフレッシュな味と香りが
上品なドレッシングに仕上がります。

〜ホタテと海ぶどうのサラダ風〜

【材料】(2人分)
・帆立・・・・・4個
・レタス・・・・4枚  
・とびっこ・・・少々
   ・ミニトマト・・・お好み
              ・水菜・ほうれん草・ラディッシュ・レモン
           などあればお好で彩よく加える
   【作り方】
1.レタス、ほうれん草は千切ってドレシングで合える。
  2.皿に盛りつけ、上にラディッシュ、ミニトマトなど彩よく飾る。
3.薄く切った帆立を盛り付け上に海ぶどうを載せれば出来がり。

海の幸が贅沢に入った贅沢サラダ!!
--------------------------------------------------------------------------------------


是非ご家庭でも

「いけ田」さんは和食の美味しい逸品を
一つ一つ丁寧に作られています。
お近くの方は是非お立ち寄りください。
作ってみてください。